Lily&Gold LONDON

VOICE

line
長年避けていた家族問題に自分のできる範囲で取り組んで、「今度は私自身が幸せになる番。SBMで心も体も更に綺麗になるぞー!」と、清々しい気持ちで日本からロンドンに戻ったレッスン初日、美香先生から思いがけない卒業勧告(?!)を頂きました。「えっ、先生、なぜ?私まだ卒業したくありません!」とお願いした程、卒業には程遠いところにいると思っていました。
私がSBMを始めたのは、ロンドンに勤務先の銀行の内部移動で赴任した約6年前の、その半年後でした。前職でお世話になった先輩が通われていて紹介して頂きました。その頃の私は、目標が達成できる充実感から、十分な休息も取らず体を酷使して激しい運動(長距離のトライアスロンなどの持久系)を楽しんで来たツケが溜まり、生理が止まる機能障害、腰痛、足の指の原因不明の激痛と、更には心療内科に診断された「疲労から来る欝(らしい症状)」を一年程わずらっていました。運動だけが自分の取り柄、輝けることだったので、運動できない、その気が起こらないというのはとても悲しいことでした。早く以前の生活に戻りたくて「神の手」を持つという整体師がいればどこにでも行きました。そんな一年があったので、SBMを紹介された時は藁をも掴む心境でした。
20代の頃、スキーで転んで椎間板ヘルニアを患ったこと、長距離の自転車競技で腰を酷使したことが原因だったのか、椎間板が薄く、腰の運動は痛みと硬さで当初はとても辛かったです。また右利きで右にだけ負担の掛かるスポーツ(ラクロス)を長年して来た関係か、腰の運動の終盤になると右の肩甲骨から上に激しい痛みがありました。以前「神の手」の整体師に、「あなたはとても忍耐力があり、痛みに対して我慢強いですね。体を診ると分かりますよ。疲労が筋肉の奥底に固まってまったくほぐれません。忍耐強いのはいいものに聞こえますが、体の悲鳴を素直に聞き入れられなくなるので、本来いいものではありませんよ。気をつけてください。」と言われました。痛みに対して我慢強いとお墨付きでもSBMの痛みは涙が出るほどの激痛でした。
5年半(近く)のいつの時点かは定かではありませんが(多分何度も何度も繰り返しだった気がします)、レッスン、SBMを始めて、また異国で一人で働きながら生きて行くうちに、心の変化がありました。当初私はSBMは体を治すものと理解していました。測定では長いこと腰の方は順調でも、「まだ首が、まだ首が」という状態が続きました。首の運動をすると人より長く寒気がありましたし、幾度かレッスン中に嘔吐を経験しました。私はずっと、「こんなんじゃまだまだいけないんだ」と現状に満足することなく、自分がまだまだ頑張れていないことを責めていました。日本人であること、チームスポーツを長年やって来たことから、責任感は特にこちらの人たちと比べると飛び抜けてあったと思っています。職場でも生活の場でも真面目過ぎて相手の不真面目さにストレスが溜まるという具合でした。ただそれでも、「自分は忍耐力がある、我慢強いんだ」という自負があり、ストレスにも上手く対処できると安易に考えていました。徐々に状況が悪化し、職場でストレスを感じると首の後ろにキューッと激痛が走り、(誇張するではなく)両目と前歯全てが抜け落ちてしまいそうな、吐き気を伴うひどい頭痛が起こるようになりました。数日寝たきりになった激しい腰痛も経験しました。そんな時ボディーチェックを受けると、首がガクガクで、今にも頭が落ちてしまいそうな状態だったそうです。SBMを始めたことで体は素直に悲鳴を上げてくれました。一筋縄では行きませんでしたが、「一人でこうして異国で働いて、一日一日生きて行くだけでも十分頑張っているじゃないか、それでいいじゃないか」、「もう少し自分にやさしくしよう(=他人にも)」と、自分自身の気持ちの持ち方を変えることで状況が改善していったと思います。それには美香先生のストレスは大敵というご指導は勿論のこと、私にとっては「他人の力」が非常に大きかったです。
私のレッスンは夜、ほとんどの場合同じ様にここで働く独身女性3名と一緒でした。私だけではなく、それぞれに悩みを持たれ、大変な思いをしながら頑張っている、そしてそれを克服していく過程を体や心の変化で一緒に共有させてもらえたことで、とても励みになりましたし、美香先生を筆頭に、家族のような一体感(勝手に私の方で思っているだけでしたら図々しくてごめんなさい!)を感じていました。どんなにか異国で一人でいる寂しさを克服させてもらったことでしょう。美香先生、レッスンでご一緒させて頂いた皆さん、本当にありがとうございました。感謝の言葉は尽きません。SBMに出逢えなかったら、私は6年ここで頑張り抜くことは出来なかったでしょうし、この6年を「6年も居てしまった」ではなく、「自分に必要な6年だった」と今思えるのは、あきらかに心、内面が健康になった証拠だと思っています。SBMは心と体両方にあるのだと実感しています。そして、「辛くなければ人生じゃない」の根性論者を卒業し、「自分にやさしく、毎日を丁寧に、楽しく生きることが幸せにつながる」と思えるようになったこのタイミングで卒業勧告を受けたことは、やはり納得できる気がします。
美香先生、暖かく時には厳しいご指導をありがとうございました。感謝の気持ちでいっぱいです!頂いた自信と勇気とSBMを信じて、どこへ行っても楽しく生きていきます。これからもどうそ宜しくお願い致します。
▲ページTOPへ

ブログにてSBM体験・レッスンの感想をご紹介しております。
http://ameblo.jp/mika-kubokawa/theme-10024137867.html