Lily&Gold LONDON

VOICE

line
ちょうど一年前、肉体的にも精神的にも様々なストレスを抱えていた時期、日本へ一時帰国した際に長時間のフライトで椎間板ヘルニアを発症しました。VISAの更新を待つ間の2ヶ月と少しをほとんどを横になって過ごした後、ロンドンに戻ってからも、日常生活に支障が出るほどの、ひどい痛みに悩まされる日々が続きました。日本の病院では腰痛は原因不明のことも多い為、ストレスをなくし、バランスの良い生活を心がけ、適度な運動を、と指導されましたが、当時は週5でジムに通い、食事は自炊、すでに気を使っているのにこれ以上どうすれば?と苛立ちイギリスに帰ってきてから診察を受けたGPには、自分の意思に反して失禁してしまうようになったらよくないサインなので、そうなるようになったら治療を考えましょう。と言われ、頑張ってもどうしようもない状況に、ストレスは最高潮でした。痛み止めも全く効かず、まだ20代なのにどうして?このまま、また歩けなくなったらどうしよう?外国人で、この国では自分の力で生きて行かなくてはいけないわたしが、仕事ができなくなったらどうするの?と、毎晩、悔しさと不安で涙が止まらなかった事をよく覚えています。
そんな時にロンドン生活、そして今はSBMの大先輩でもある真希子さんに、ヘルニア?治るよ!とご紹介頂いたのが美香先生のお教室でした。藁にでもすがる思いですぐに体験レッスンに伺い、ボディチェックを受けた時の驚きは忘れません。事前にヘルニアで悩んでいます、としか伝えなかったにも関わらず、美香先生にはヘルニアの痛みの出ている箇所、更には足に先天性の問題がある事をずばり言い当てられ、更に驚いたのは、ヘルニアだけでなく、今まで悩まされてきた様々な症状は、この足の変形による歪みからきているところが大きいのではないかと伝えられたことでした。その後、20代ですでにこの状態だと、時間が経って何となく良くなるということに期待はしないほうがいい、でも、よくなるよ。変える、変えないはあなた次第。と仰って頂き、今まで漠然と持っていた不安が全部言葉に置き換わった時、それならここで能動的に行動して治すしかない、とSBMで徹底的に自分の体と向き合う事を決めました。
最初は、美香先生の初めは痛いよ、でもやればやるほど良くなっていくからここでどう耐えられるか、と言う言葉を体感する日々が続きました。ヘルニアだけでなく、変形した足、歪みが強く出ている部分に沿って出る痛み、肩の痛みに偏頭痛、股関節の痛み...今まで悩まされてきた不定愁訴が強い痛みやアザになって何度も現れ、首の運動をしては寒気を感じ寝てしまい...何度も何度も不安になりましたが、痛みや症状をお教室やメッセージで漏らすたびに美香先生は不安に寄り添ってくださり、頑張れているよ、大丈夫、と暖かく受け入れ、認めてくださいました。それらの言葉にどれだけ救われたかわかりません。お教室で一緒になる先輩方の暖かな励まし、経験に基づく助言にも沢山励まされてきました。
不安になる回数と同じくらい、当時から少しずつ、でも確実に良い方向に体は変化していたな、と今は思えますし、やはり運動をして調子が良くなる故に毎日続けてこれたと言うのは大前提ですが、当時の不安と痛みの中で、それを感じられたのは、お教室に通えていたからこそだったと思います。続ければ続けるほど、痛みは徐々に減り始め、あれだけ苦しんだ、ヘルニアの痛みは初夏頃には忘れるほどになりました。断食も始め、デトックスをする事で、食べないことが楽だということに目から鱗が落ち。食べないことで今まで上手く感じられていなかった、体と心の強いつながりがわかるようになっていくというのでしょうか、心の詰まりが取れ、それまですごく拘っていたことから抜け出せていく感じも味わいました。
元々体の不調が多いたちですぐに寝込んでいましたが、20代なかばからは、口を開ければ顎から工事現場で何かがへし折れたような音が部屋中に響き渡り、首は上手く回らず、肩というか背中全体は凝ってガチガチ、体が痛いのは当たり前。冷え性でいつも寒く、少し無理をしたり、忙しい時は、寝込むほどのだるさ、偏頭痛。ストレス性湿疹は2年間常に出続け、生理不順は薬の力で正常なサイクルにもしていました(箇条書きにするとひどいですね!)元々足が悪かったことも有り、自然と、体調が思わしくなくとも動ける範囲で予定を組むようになっていました。例えば一日歩き回る予定が入った次の日は足が腫れ上がったり、疲れて寝込むことがあるので一日空けておく、平日もなるべく予定をいれず、帰ってくるなり失神するように寝てしまう...。思うように動けないことにいらだちを感じることも、落ち込むことも頻繁にありましたが、それも含めてわたしの日常でした。今思うとひどい勘違いですが、みんな誰しも痛さや辛さ、体調の悪さは常に抱えており、どう折り合いをつけるかなのだ、もうしょうがない。と思っていたのです。
最近では、仕事が忙しくても、週末は友人たちと出かけていることが多くなりました。今年は仕事においても試練の年でしたが、SBMのおかげで、動ける自分を保てていた感じもあります。一日出かけて重いものを持ち歩いても、疲れによる偏頭痛や足の痛みで予定を切り上げて帰ることもなくなりました。変われば変わるものね、と驚いています。重ね重ね、SBMと美香先生、そしてロンドン校の皆様との出会いに感謝です。ありがとうございます。

ヘルニア

▲ページTOPへ

ブログにてSBM体験・レッスンの感想をご紹介しております。
http://ameblo.jp/mika-kubokawa/theme-10024137867.html